入院

入院のことが丸ごと分かるお役立ち情報サイト

入院のことが丸ごと分かるお役立ち情報サイト

日頃、入院という言葉を耳にすることは多くても、普段はあまり実感がないものです。

 

いざ自分や家族が入院するときになって、勝手がわからずに慌ててしまう人が大半ではないでしょうか。

 

多くの人は、まさか自分や家族が入院することになるとは夢にも思っていないので、いざとなった時に途方に暮れてしまうことでしょう。

 

入院するにあたって必要なものや手続きなど、当事者になってみないとなかなかわからないことは多いものです。

 

また、病院によってもそれぞれルールが異なりますし、支払わなければならない費用のことや、保険に関することなども気になってくるでしょう。

 

ある程度の予備知識を事前に頭に入れておくことによって、万が一のときにも落ち着いて対処できるようにしたいものです。

 

当サイトでは、入院に関して事前に知っておいた方がいいと思われるお役立ち情報を集めてみました。

 

レスパイト入院というのは在宅介護をしている家族を休ませることが目的

入院といえば、何らかの病気を治療するために行われるものという認識が一般的だと思います。

 

しかし、在宅医療をされている方の家族の休憩を目的とした、特別な「レスパイト入院」というものがあるのをご存知でしょうか?

 

ここでは、具体的にレスパイト入院についてご紹介してみたいと思います。

 

≪この続きを読んでみる≫

 

医療保護入院とはどのようなものですか?

本来、入院とは患者本人が医師からの説明を受け、納得した上で行われるものです。

 

しかし精神病患者などの場合は、本人が医師からの説明を受けても、納得して同意する能力がない場合もあります。

 

そのような場合は、精神保健および精神障害者福祉に関する法律にてさだめられている「医療保護入院」という形態を取ることができます。

 

≪この続きを読んでみる≫

 

緊急入院となってしまった場合に何を準備すべきか?

>ちょっと身体に気になるところがあったので、なんとなく病院に行ってみると、医師から「すぐに入院しましょう」などと言われてしまい、あわてた経験のある人もいるかも知れません。

 

これは緊急入院と呼ばれていますが、実際にそうなった時は、どのような準備をすればいいのでしょうか?

 

≪この続きを読んでみる≫

 

付き添いが必要なケースと必要でないケース

現在の病院では、患者のおむつ交換や身体を清潔に保つなど、身の回りの世話のほとんどを看護師が担当しています。

 

入院にあたって家族が付き添いを求められるケースはあまりありませんが、希望をすれば許可が出る場合があります。

 

病院から付き添いを求められたり、希望すると付き添いが認められるケースとは、どのような場合でしょうか。

 

≪この続きを読んでみる≫

 

出産のときにかかる費用はどれくらいでしょうか?

妊娠も後期に入れば、いよいよ誕生する赤ちゃんとの出会いが楽しみになってきますが、それと同時に出産時にかかるお金のことが不安になりますね。

 

ここでは、出産時の入院費用はどのくらいかかるのかについて解説してみたいと思います。

 

≪この続きを読んでみる≫

 

医療費の支払いが困難なときに利用したい高額医療費貸付制度とは?

私たちは、国民健康保険などの医療制度を利用することで、本来ならば大きな負担となる医療費を3割程度まで低く抑えることができます。

 

しかし入院しての治療ともなれば、3割でもその負担は大きなものとなり、場合によっては支払いが困難になってしまうこともあり得ます。

 

もし支払いが困難となってしまった場合は、どうすればよいのでしょうか?

 

≪この続きを読んでみる≫

 

生活保護受給者の医療費負担と保険適用外の治療について

病気や怪我を治すための診察費や治療費、薬代は、医療機関を利用する患者の生活体系や収入によって変わってきます。

 

生活保護を受けている場合も一般の方と違ってきます。

 

生活保護受給者が入院する場合、その費用は一般の方とはどう違うのでしょうか?

 

≪この続きを読んでみる≫

 

検査のために入院するときの費用の目安

検査入院を行う場合でも、通常の入院と同じように費用が発生します。

 

検査内容にもよりますが、健康保険や高額医療費制度などにより、金額を抑えることができます。

 

こちらでは、検査入院をする場合に発生する費用についてご紹介しています

 

≪この続きを読んでみる≫

 

 

糖尿病患者のための教育や指導をする入院

糖尿病は一度発症すると完治させることが困難であり、一生付き合う覚悟のいる病気です。

 

糖尿病を悪化させないためには、その後の生活習慣を大きく改善する必要があるのですが、なかなか自分をコントロールするというのは難しいものです。

 

そのため、糖尿病患者のための「教育入院」というものが各病院で行われています。

 

≪この続きを読んでみる≫

 

 

個室を利用する場合のメリットとデメリットとは?

入院する際は、健康保険適用の可能な大部屋か、自費負担となる個室のどちらかを選択できます。

 

個室を選んだ場合には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょう?

 

また、大部屋を選択する場合の利点はどこにあるのでしょうか?

 

≪この続きを読んでみる≫

 

病院が保証人を求めるのはなぜなのでしょうか?

何らかの病気が発覚し入院することになった場合、お金の問題意外に一つだけ乗り越えなければならない問題が出てくる場合があります。

 

それは、保証人の問題です。実際に多くの病院では入院時に「保証人」を求められることになります。

 

≪この続きを読んでみる≫

 

入院するときに必要なものを事前にそろえておきましょう

入院生活を送るにあたっては、その期間中に必要なものを事前に準備しておかなければなりません。

 

初めて入院する方にとっては、何を用意したらいいのか戸惑ってしまうこともあるでしょう。

 

ここでは、入院するにあたって必要なものについて、具体的に紹介してみたいと思います。

 

≪この続きを読んでみる≫

 

お見舞いに行くときに知っておくべきマナー

仕事でお世話になっている方や、親しくしていた友人が入院した時には、お見舞いに行くことになるでしょう。

 

しかしお見舞いにもマナーがあり、それを知らないと相手に対して失礼にあたることもありますし、場合によっては怒らせてしまうこともあります。

 

ここでは、入院のお見舞いに行くときに知っておきたい豆知識について紹介します。

 

≪この続きを読んでみる≫

 

やむを得ない事情により長期にわたって入院する人たちとその問題点

一般的な病気の場合ですと、病院にて治療が終わって完治となれば退院となりますが、治療の難しい病気であったり、自宅での受け入れが難しかったりする場合には、やむを得ず長期入院となってしまう場合があります。

 

実は、長期入院にはさまざまな問題点が指摘されているのです。

 

≪この続きを読んでみる≫

 

病状がすっかりよくなっても退院しない人たちの社会的理由

病状がすっかり良くなっており、少なくともこれ以上病院に居続ける必要もないのに、長期的な入院を続けている患者は少なくありません。

 

こういったケースは「社会的入院」と呼ばれていますが、なぜ退院をせずにそのまま病院に残っているのでしょうか?

 

≪この続きを読んでみる≫

 

精神障害者が治療内容の説明を受けて任意で判断する場合

任意入院とは、「精神保健および精神障害者福祉に関する法律」にて示されている、精神障害者の入院形態の一つです。

 

治療を必要とする精神障害者は、その疾患の性質上、自分の意思とは関係なしに強制的に入院になる場合と、本人や家族が希望する場合の任意入院があります。

 

ここでは任意入院について解説してみたいと思います。

 

≪この続きを読んでみる≫

 

緊急性が求められるときの応急的な措置

入院には、さまざまな形態があるのをご存知でしょうか? 

 

多くの場合は、患者が必要性を理解して納得した上でする「任意入院」となりますが、入院の必要な方が必ずしも納得するとは限りません。

 

特に、精神疾患の患者で緊急性が高い場合には、強制力が必要な場合があります。

 

そういった場合に適用されるものに、応急入院があります。

 

≪この続きを読んでみる≫

 

精神疾患のある患者に対して強制的に適用される措置入院とは?

精神障害者が正常な判断力を失っている場合に、入院をうながすための法律があります。

 

それが精神保健および精神障害者福祉に関する法律です。

 

ここで定められている形態のひとつに措置入院というものがあります。

 

≪この続きを読んでみる≫